大時計
仙台駅の時を刻む、シンボリックな大時計
1949年から1972年までの23年間、旧国鉄仙台駅のシンボルとして正面玄関に設置され、待ち合わせ場所として親しまれた「仙台駅の大時計」。現在のものは2008年にかつての大時計と同じデザイン、同じ直径2mの大きさで復刻されました。仙台駅のキャラクター「トキムネくん」のモチーフでもあります。仙台の時の流れを刻んでゆくこの大時計は、これからも、駅を行き交う人々を見守ります。

ヨリ未知SPOT

仙台市にゆかりのある観光地スポットの情報をご紹介します。

ヨリ未知鉄道ギャラリー

ヨリ未知鉄道ギャラリー

大時計がシンボルの四代目駅舎など、仙台駅の誕生から現在までの歴史をわかりやすく紹介。特急・新幹線のスピード化の歩みや、仙山線、仙石線などの歴史も貴重な写真とともに展示しています。

住所 宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅
電話 なし
アクセス JR仙台駅2階中央改札内
ウェブサイト http://www.yorimichi-sendai.jp/item/026/
PAGE TOP