main
ヨーロッパのエスプリが光る大胆な色使い
1978年、新幹線開業を目前に控えた仙台駅の玄関口に設置され、仙台駅のシンボルとして親しまれるステンドグラス。留学生としてヨーロッパで学んだ画家・近岡善次郎の作品で、東北の発展を願って制作されました。七夕飾りに伊達政宗騎馬像、そして松島・五大堂と、宮城を代表する風景をモチーフにした、鮮やかな色使いが目を引きます。

ヨリ未知SPOT

仙台市にゆかりのある観光地スポットの情報をご紹介します。

仙台城跡

伊達政宗公が築いた居城跡。仙台市街を一望できる、標高約130m、東側と南側を断崖が固める天然の要害に築かれました。天守閣は造られませんでしたが、大広間があった本丸御殿や懸造り、5つの櫓などがあり、伊達62万石に相応しい威容を誇っていました。石垣や復元された脇櫓が往時の姿を偲ばせます。政宗公ゆかりの貴重な資料を展示する青葉城資料展示館や仙台城見聞館などもあり、伊達家の歴史に触れることができます。

住所 宮城県仙台市青葉区川内1
電話 022-214-8259(仙台市観光交流課)
アクセス JR仙台駅→るーぷる仙台→仙台城跡バス停→徒歩すぐ
ウェブサイト http://www.sentabi.jp/guidebook/attractions/view/78

松島

日本三景の一つに数えられる東北を代表する景勝地。湾内には大小260余りの島々が浮かび、その風光明媚な姿には俳聖・松尾芭蕉も感嘆したといいます。828(天長5)年、慈覚大使円仁によって天台宗延福寺として創建され、国宝にも指定される伊達政宗公の菩提寺・瑞巌寺や湾内に浮かぶ五大堂など、名刹めぐりも楽しめます。

住所 宮城県宮城郡松島町松島町内
電話 022-354-2618(松島観光協会)
アクセス JR仙台駅→JR仙石線・松島行→松島海岸駅→徒歩すぐ
ウェブサイト http://www.matsushima-kanko.com/

仙台七夕まつり

毎年8月6~8日の3日間に開催され、色とりどりの七夕飾りが市街地を埋め尽くす夏まつり。古くは伊達政宗公の時代から続く伝統行事で、現在は約3000本を超える七夕飾りがアーチを描き、優雅かつ豪華絢爛な姿で楽しませてくれます。勾当台公園や市民広場では出店やステージイベントなども開催され、お祭りムードを盛り上げてくれます。

住所 宮城県仙台市青葉区中心部
電話 022-265-8185(仙台七夕まつり協賛会)
アクセス JR仙台駅→徒歩すぐ
ウェブサイト http://www.sendaitanabata.com/
PAGE TOP