自由な発想で作られた、こけし界のニューカマー
発祥は大正時代の始まりと、伝統こけしの中ではニューフェイスの「津軽系こけし」。温湯温泉(ぬるゆおんせん)で木地を制作していた盛秀太郎(もりひでたろう)が知人の勧めでこけしを作ったのが、始まりでした。自由な発想で作られたこけしは瞬く間に人気となり、その後、秀太郎と大鰐町(おおわにちまち)の長谷川辰雄さんとで、津軽系こけしの礎を築いていきました。
頭と胴体が1本の木から作られる「作り付け」という手法で作られ、グラマラスな体型だったり、細目の寸胴だったりと形は様々。描かれる模様は、アイヌ模様やダルマ絵のほか、津軽藩の家紋である牡丹の花など、バリエーションに富んでいます。厳しい徒弟制度(とていせいど)の中で生まれたこけしではないため、その顔立ちもいろいろ。愁い(うれい)を含んだ長いまつげが特徴の美人こけしや、目が覚めるような個性的な顔立ちをしたこけしまで、見ているだけで楽しくなります。工芸的な美と素朴な色彩は全国的にも高く評価され、多くのファンを惹きつけてやみません。
※木地=塗料を塗る前のお椀やお盆などの木製の器など
※※木地師=ロクロを用いて椀や盆などの木工品を加工、製造する職人
<  工芸品紹介へ戻る
PAGE TOP