main
艶やかに、深い光沢を放つ玉虫色の輝き
1932年、国の初めての試みとして仙台に設置された商工省工藝指導所で開発された吹きつけ漆技法「玉虫塗」。深い赤色と奥から浮かび上がるように銀粉が輝き、その豊麗な色調がタマムシの色合いに似ていることがその名の由来といいます。現在は東北工芸製作所が伝統の技と思想を受け継ぎ、多彩な商品を製作しています。

ヨリ未知SPOT

仙台市にゆかりのある観光地スポットの情報をご紹介します。

東北工芸製作所

創業80年以上を数え、1935(昭和10)年、仙台の商工省工藝指導所で開発された「玉虫塗」の特許を取得して以来、国内外へ向けた様々な商品を製作。1985(昭和60)年には宮城県の伝統工芸品の指定を受けましたが、伝統だけではなく「戦国BASARA」や「ジョジョの奇妙な冒険」などの、アニメとのコラボレーション、現代の生活に合わせた新シリーズ「TOUCH CLASSIC」を展開し注目を集めています。

住所 宮城県仙台市青葉区上杉3-3-20
電話 022-222-5401
アクセス JR仙台駅→徒歩20分
ウェブサイト http://www.t-kogei.co.jp/
PAGE TOP