郷土の風土と願いを込めた郷土玩具
ユラユラと首を揺らす「赤べこ」や、コロコロと何度も起き上がる「起き上がり小法師」など、郷土玩具ならではの愛嬌あふれる「会津張り子」。その起源は蒲生氏郷公(がもううじさとこう)が下級武士たちの糧になるようにと、京都から人形職人を招き、殖産復興を図ったのが由来といわれています。
「会津張り子」といえば鮮やかな赤が特徴です。モチーフには会津独自の生活習慣や信仰を反映したものが多く、開運や魔除け、五穀豊穣などを祈願されて作られた縁起の良い置物として親しまれています。その代表として有名なのが、力強い赤牛の姿をモチーフにした愛らしい「赤べこ」、小さな身体に負けじ魂を込めた「起き上がり小法師」(写真右)などです。近年では日本の伝統柄を描いた起き上がり小法師(写真左)やノルウェーの画家であるムンクの「叫び」を描いた起き上がり小法師など、様々なコラボレーション作品も誕生し、話題を集めています。
<  工芸品紹介へ戻る
PAGE TOP