絢爛豪華な仙台を代表する工芸品
「指物」「塗り」「金具」、3つの技が一体となって生み出される「仙台箪笥」。その歴史は古く、江戸末期にその原型が生まれ、主に武士が刀や裃を入れる目的として作られたといいます。その使用用途は時代の流れとともに変化していき、丈夫で長持ちすることから嫁入り道具と広く普及してきました。
「仙台箪笥」(写真右)はケヤキやクリの美しい木目を活かす艶やかな木地呂塗り(きじろぬり)、唐獅子(からじし)や牡丹などの縁起物や家紋をモチーフにした豪華な鉄の飾り金具が特徴。丹念な手しごとによって仕上げられた箪笥は100年以上もたっても狂いは少なく、海外では重厚な装飾、漆塗りの美しさからアンティーク家具としても評価されています。近年には箪笥だけではなく仙台箪笥の技術を活かし、住居や生活に合わせたコンパクトなサイズのインテリアや、飾り金具を現代的にリデザインした装飾などを用いた小箪笥(写真左)などの作品も多く発表され、国内外を問わないグローバルな展開にも注目を集めています。
<  工芸品紹介へ戻る
PAGE TOP